カテゴリー「超個人的-読書感想文」の記事

村上春樹 「1Q84」

51y0i8mcool__sl160__3   

ブックレビューというよりも、てっちゃん的解釈、と言った方が良い内容ですので、興味の無い人は素通りしていってください。
これから読もうと思っている人はネタバレ的な事も書きますので注意してください。


青豆と天吾。二人の主人公が章ごとに入れ替わりで別の舞台の物語を語ります。その舞台は1984年、ならぬ1Q84年と言う名のパラレルワールド。
近い過去に起こっていたかもしれないサイエンスフィクション(春樹氏の本を指してSFとは書きたくなかった)

同じ時期に進む、異なった二つの物語は、少しずつ絡み合い、お互いに知らず知らず影響を与え合いながら物語は進みます。


登場人物の持つ魅力が、他の小説に比べると若干見劣りする気がします。
ねじ巻き鳥クロニクルの笠原メイや、世界の終わりとハードボイルドワンダーランドのピンクの服を着たの太った女の子、のような魅力的な女性が出てこない。
また、天吾にしても、4部作の僕や少年カフカのような魅力もない。

そこが、残念ではあるけれど、個人を際立たせない事が、作品全体を押し上げているとかも知れない。
いずれにしても、この先何度も読み返して行くであろう作品である事は間違いないですね。


ワタクシの考察では、青豆の章は、天吾の書いた物語だと思っています。ゆえに、この物語に青豆はまだ登場していない。

しかし、空気さなぎが1Q84年に二つの月を登場させ、事実と密接しているように、天吾の書いた物語りも青豆の置かれている状況と密接した関係がある。
青豆は実際に何人かの人間を、手製のアイスピックで別の場所に送り、1Q84年で二つの月を見上げている。


青豆が登場するのは、おそらく続編ではなかろうか?と推測しています。


ワタクシの想像する続編

ふかえりと交わる事によって特別な力を得た天吾は、レシヴァだけに留まらず、さきがけの、もしくは新しい別のグループのリーダー的存在になる。そのグループは小説に関連した何かかもしれない。
そこではやはり、月経の来ない少女(ドウタ)との交わりがある。

顔も名前も変わり生まれ変わった青豆は、老婦人亡き後、その遺産と遺志を継ぐ。

リーダーが天吾であることは知らず、天吾をあちら側に送りに来る。
青豆は天吾を、あちら側に送り届けた後で、へックラー&コッホのHK4の銃口を自らの口の中に入れ、指先に力を入れる。

リトルピープルは新たなリーダーを探さなくてはならない。



が、壮大なプロローグであり、続編がまた、壮大な物であること期待しています。
上に書いた、ワタクシ的続編などは、良い意味で裏切っていただきたいと思います。

春樹氏は出版前にこう語っています。
「次は長い話になる」
Book1とBook2だけでは、そう長い話でもないですから。
続編はない話じゃありませんしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星の王子様

今更感アリアリですが、20年ぶりくらいに手に取りました。
でも、良いものは良い。本物っていうのは、時間とか、世代とかを超越しちゃうんですね。改めて感じました。良い本です。

「本当に大切な事は目に見えない」

大人になって読み返してみて初めて、作者の言いたかった本当の意味に触れられたような気がします。

また、20年経った時に読んでみると違った感覚が得られるのでしょうか??

新潮社
サン=テグジュペリ, 河野 万里子

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石田徹也遺作集

実に陰鬱な画集です。
ビックリするほど、暗くて、後ろ向きな絵です。

でも、なんか見ちゃうんですよ。っていうか、見入っちゃう感じ。


作者の事は良く知りませんが、心に深い傷を負っているんじゃないかと思いますね。
残念なのが、死んでしまったという事。多分自殺です。


晩年に自殺をする画家や小説家は多いですが、ある程度やりきった後に命を絶っているんですよね。

死期が時期尚早だったような感があります。もう一皮向けた違う作風が見たかったですね。

後に天才って呼ばれる可能性があったと思うんですよね。実に惜しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラマーゾフの兄弟

20081130124640

良い意味で予想を裏切る展開、上巻、中巻で敷かれた布石が物語のクライマックスで生きて来るあたり、著者の思慮深さがうかがえます。

キャラクター設定の緻密さ、描写の事細やかさ、長い時間を掛けて読むに値する、超大作というに相応しい傑作です。

カラマーゾフの兄弟としては完結していますが、実は、カラマーゾフの兄弟は前編で、これに続く後編がありました。

つまり未完の大作ということになりますが、カラマーゾフの兄弟は、カラマーゾフの兄弟として、見事に、一分の隙も無く完結しています。

であるにも拘らず「本当は後編があった」という事実が、読み終わった後の読者に程よい余韻を残しているのではないか?本当は後編があったという事実が、カラマーゾフの兄弟という物語自体の格を押し上げているのではないか?と思います。

思慮深い、ドストエフスキーのことです、後編を書く気なんて最初からなかったのでは??なんて勘繰ってしまいますが、考えすぎでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点と線

1971
新潮社
松本 清張

普段、ミステリーは読みませんが、美輪明宏さんがTVの番組内で絶賛していたので手に取りました。

トリックの巧妙さや、伏線の張り方など「ふぅ~~ん」と思うところはありましたが、そこ止まりの本かなって印象です。

結局、自分的に何も残らないし、得るものも無い。通り過ぎて行くだけの娯楽小説です。

まぁ、松本清張を読んだ事が「ある」と「ない」では、経験値が少し違う気がするのですが、読み物としてはナシですね。

ただ、北海道、九州、東京、という場所を「点」その移動手段を「線」とたとえた、ネーミングは絶妙ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見えないドアと鶴の空

F1000023

2007
光文社
白石 一文

物語の後半に主人公が妻との関係を考察する時の一節。

親密な人間関係は交渉事とは根本的に異なるのだ。

互いが譲歩し妥協点を探り合い、かつ説得の努力を

積み重ねるといった行為とは似て非なるものだ。

たとえどちらか一方のみが大きく身を引き、

大切なものを譲り渡したとしても、それぞれの心が

そのことによって満たされ、結び合わされるのであるならば、

それは十二分に均衡し、幸福を真に共有した事になるに

違いない。


月並みな表現ですが、深いですね。
さらに言うならば、一つの真理がここにはあると思います。


ストーリー云々よりも、作者の思想に共感するところが多く、

特に「生と死」「命の尊厳」「生きるという事の意味」など、

読み応えがあります。

本当にいい作家にめぐり合えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕のなかの壊れていない部分

02212654

僕のなかの壊れていない部分

物語を表面的に捉えれば、2人の女性を二股にかけ、金銭目的のセックスフレンドと関係を持つ、ロクデモナイ男が主人公の、下世話な物語です。

しかしながら、バックグラウンドが深いです。
語彙と表現が緻密で、主人公の男の行動に複線が張り巡らせれており、読み進むにつれて世界にどっぷり浸かれる、しっかり読ませる物語といえるでしょう。

特に、主人公が語る「生きるという事を止めていない理由」の考察が素晴らしかった。あの一節を読むだけでも、この本を読む価値はあります。

トルストイなど、古典からの引用が多いのが気になりますが、貴重な時間を割いて読むに値する作品です。

2005
光文社
白石 一文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティファニーで朝食を

この物語を読むのは何度目だろう??
きっと5,6回目くらいだと思うけど、今回は一味も二味も違います。

村上春樹がティファニーを翻訳する!
もう、たまりません。はっきり言って、以前の翻訳と次元が違いますね。

別に、以前の翻訳者の瀧口直太郎氏を悪く言うつもりはありません。
あれはあれでよかった。
だから、何回も読み返したんですから。

でも、村上春樹の翻訳は、まるでカポーティの意思に触れるように、ありありと感じる事が出来るんです。

古典小説として確立した地位のある名作に、村上春樹の手によって、時代にあった名訳が施された。

必読です。

2008
新潮社
トルーマン・カポーティ 作  村上春樹 訳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢をかなえるゾウ

Yumezouc

知り合いに薦められて読んだんですけど、とても楽しい本でした。

よくある自己啓発本とは違い、笑いあり涙ありのストーリー性のある物語で、すんなり読めます。

物足りなさは否めませんが、うちの子が高校生位になったら、是非読ませたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家守奇憚  -梨木香歩- 

.3.

古めかしくも綺麗な文章で、淡々と静かに語られる100年程前を舞台とした、純文学の和製ファンタジー。
人間と自然がともに歩んでいた頃のお話です。

意思を持つ樹木や物の怪の類がワンサカ出てくるので、あらすじだけをを聞くと、強引な物語だと感じます。
例えば、
「サルスベリの木に思いを寄せられる主人公」
「メスのカッパの抜け殻を庭の池で拾う」
「床の間の掛け軸から船を漕いで出てくる亡くなった友人」
この通りの強引なお話です。

しかし、読んでいるとそれを感じない世界観の作 り方が実に匠です。言葉の選び方がとても素敵で、白いスポンジに色水が染み込むように、心の奥まで沁み込みむ物語です。

なんだか旅に持って行きたくなる作品です。

余談ですが、筆者である梨木香歩さんは、もともと児童文学作家だったのですが、純文学作家への転身は見事にはまりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧